スポンサーリンク

割れない!DIY素人が木材にプロ級の穴あけができた方法

収納・DIY

こんにちは。
0歳児子育て中、ゆるミニマリストのmonakaです。

DIY初心者ですが、先日、子どものおもちゃを作りました(^^)
作ったのは、簡単な「ひもとおし」です。木材を用意して、インパクトドライバーで穴を開けるだけの、シンプルなもの。

が、、、木材に「穴を開ける」作業が、めちゃめちゃムズカシかった・・・!!!諦めたくなったけど、子どものために頑張りました。

ネットで調べまくって、ど素人の私でもプロ級に美しく穴を開けられる方法を発見したので、おすすめの方法をまとめます♪

スポンサーリンク

結論:竹用ドリルが神

はい、結論からお伝えします。

スターエムの竹用ドリルを買ってください!!笑

詳細はこの先を参考いただければと思いますが、とにかく、竹用ドリルが神でした。涙

穴が開けやすい、切れ味がいい、円の美しさが全然違います!もう感動!!穴を開ける時の音も木工ドリルより静かだし、スゥ〜っと楽に切れる感覚がします。感動。

私は、竹用ドリルを使うだけでは不安だったので、下にまとめる方法を合わせて穴あけをしました。DIYに慣れていない人は、念には念を入れて、この方法で試してみてくださいね!

木工ドリルとの比較

まず。DIY超初心者の私が、何も調べずに木工ドリルで穴を開けてみた結果がコチラ!

バッキバキに、ひび割れました(笑)

そして!おすすめの方法と竹用ドリルで穴あけをした、努力の結果がコチラ!

すごくないですか!?←

これはヤスリがけをする前の、穴あけただけの状態です。ちなみに木材は、厚さ10mmのヒノキを使っています。割れやすいらしい、柔らかい素材のヒノキ。しかも、100均一(セリア)のヒノキです。

ひび割れない!おすすめの穴あけ方法

下穴を開ける

ネットで調べると必ず出てくる情報ですが、まずは、穴を開けたい部分に、下穴を開けてください!私は3mmくらいの細いドライバーで開けましたが、木工キリとかでもOKらしいです。

養生テープで周辺を保護する

穴あけをしたい直径の穴を開けた養生テープを貼って、周辺を保護します。私は、いらない木に穴を開け、上からテープを貼って、カッターでくり抜いて作りました。

捨て木を下に置く

厚めの捨て木を下に置きます!不要な木材がない場合は、ホームセンターで端材が安く売られているので、厚めの木材をゲットするのがおすすめです。私は厚さ2cmくらいの端材を30円くらいで買いました!

ドライバーを直角に持ち、半分まで穴を開ける

捨て木、木材、養生テープ順に置いたら、ドライバーに竹用ドリルをセットし、直角にあてて、ゆっく〜り穴を開けていきます。一気にドリルを進めないで、何回かに分けて押し進めていく感じがおすすめです。
(ドリルを止める時に穴の位置がズレないように、下方向へ力をかけたまま止めてください!)

裏返して、貫通させる

半分くらい穴が開いたら、裏返します。同じく、捨て木、木材、養生テープの順に置いて、貫通するまで穴を開けます。

これを実行したら、きっと私のような初心者でも、ひび割れしないで綺麗な穴を開けられるはず!

スターエムの竹用ドリル、素晴らしいです。おかげさまで、想像通りのおもちゃを作ることができました(^^)

木材の穴あけで悩んでいる方の、参考になれば嬉しいです♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました