スポンサーリンク

型紙不要!ミルク缶で作るキッキングボールの作り方

おうちモンテ

こんにちは。

1歳児子育て中の、monakaです。
モンテッソーリ教師の資格取得をめざして勉強をしながら、ゆるーくマイペースに、おうちモンテを実践しています。

生後4ヶ月頃に、キッキングボールを手作りしました(^^)

キッキングボールは、足腰の発達を促すのはもちろん、鈴の音が鳴るのが楽しくて、子どもが自ら足を動かすところがポイント!「自分でできた!」を経験できる大切なきっかけになります。

今回は、型紙不要!ミルク缶で作るキッキングボールの作り方をまとめてみました♪

スポンサーリンク

用意するもの

・ミルク缶(直径13cmくらいのものであれば)
・鉛筆(もしくはチャコペン)
・内側用の布 50cm x 30cmくらい
・側面用の布 30cm x 30cmくらい
・ミシン
布は、直径13cmくらいの円が、内側用の布で6個、側面用で3個できればよいです。
私はどうしてもガーゼ生地がよくてガーゼ生地を選びましたが、縫いにくいので、あまりおすすめはしないです!

作り方

ミルク缶で型をとる

そのままです。笑
ミルク缶を置いて、鉛筆とかチャコペンで型をとってください。

布を切る

こんな感じで、内側用が6枚、側面用が3枚です。
この後、アイロンをかけてください。
ガーゼ生地は、この後にアイロンかけましたがヨレヨレ感や跡が残っています。。。

円を四つ折りにして、ぜんぶ四等分する

四つ折りにして、強く跡をつけて目印をして、カットしてください。
(丁寧にやるなら、四つ折りにしてアイロンをかけてください!私はやらないけど!笑)

内側の布2枚、側面の布1枚で1セットです。全部で12セット、12個の小さな三角ボールを作ります!

ここから、分かりやすく側面は柄布になります!(なんでここから!)

側面用の布を、葉っぱ型に切る

円の外周部分を、内側に折って、鉛筆で線を引きます。
線に合わせてカットして、葉っぱ型の布を12枚作ります。
これで、布の準備が完了です!

内側の布と、側面の布を、中表で縫い合わせる

まずは、内側の布1枚と、側面の布を1枚、中表にして、外側を縫います(縫い代5mmくらい)
ズレないのがベストですが、ズレても何とかなります。←

もう1枚の内側の布を、中表で縫い合わせる

内側の布をもう1枚、同様に縫い合わせます。
写真のように、葉っぱ部分はくっついていて、下がパカパカ開いた状態になります。

両サイドを縫う

返し口を1cmくらい開けて、両サイドを縫います。

表に返して、綿を詰めて縫う

 

綿は、結構詰めた方がよいです。厚さで大体3cm〜4cmくらいはあった方がベターです。
綿が少ないと、ボール感がなくなります。
ここまでくれば、あと少し!

ボールを作る

色々な作り方がありますが、私は、三角ボールを3つつなげる方法が、縫い合わせやすくておすすめです。
3つつなげたお花みたいなものを、4つ作ります。
その4つをボール状に縫い合わせて、完成です☆

見た目は多少悪くても、手作りのおもちゃというだけで素敵なものができあがりますよ!

参考になれば嬉しいです♪

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました